アスベスト調査

TC-JAPAN CO.,LTD

建築物石綿含有建材調査者、アスベスト診断士、在籍企業(株)ティーシージャパン

ティーシージャパンは、建築物石綿含有建材調査者および、一般社団法人 JATI協会・アスベスト診断士が常駐する企業です。


認定証明書・終了証明証


建築物石綿含有建材調査者

建築物に使用されている石綿に起因して発生する健康被害及び健康障害を未然に防止するため、
建築物に使用されている石綿含有建材等に関する調査を精密・正確に実施する専門家の育成が求められています。

一方で調査対象となる民間建築物の合計は、280万棟と推計されていることから、
今後、正確かつ精度の高い調査の実施者を増やしていくことが大きな課題となっています。

本講習は、厚生労働省・国土交通省・環境省告示第1号に基づき、精度の高い石綿調査を行い、
その調査結果を飛散防止のために有効活用することを目的として、
石綿の関連疾患とリスク、 建築物の構造・建材等に関する知識を座学を通じて学び、
さらに実際の建物における調査の実務能力を実際の建築物を使った演習を通じて習得する内容となっています。

これらの内容を一定水準以上で修得したと認められる受講者には、修了証明書を交付し、調査者として資格が付与されます。


修了証の画像

アスベスト診断士

アスベスト診断士修了証の画像  ACME認定証

アスベスト診断士登録証
アスベスト診断士登録者リスト 登録番号:726 山下 真


社団法人日本石綿協会「アスベスト診断士」

社団法人日本石綿協会では、既存建築物に使用されている石綿に関する管理のあり方あるいは解体前の事前診断等への
適切なアドバイスを行える人材の養成を目的として、当協会認定の「アスベスト診断士」制度を発足しました。

「アスベスト診断士」とは、以下に示す力量を兼ね備えた者として、社団法人日本石綿協会の認定する資格者を意味します。

  「アスベスト診断士」養成研修課程を修了・合格した者だけが
(社)日本石綿協会認定「アスベスト診断士」として認定登録されます。

建築物/工作物のどこにアスベストが使用されているかの診断

書面(設計図書、施工図面等)による一次調査、現場における二次調査

信頼性の高い分析機関の選択、委託と最終判断

建築物/工作物に使用されているアスベストの処理要否診断

建築物/工作物の解体等処理工事に対する適正工事のチェック診断

なお、研修に合格するレベルの知識を得ることにより
建築物/工作物の解体等処理工事に従事する作業者に対する教育も務めることが可能です。

調査の種類

含有調査: アスベスト ホルムアルデヒド PCB ダイオキシン 等


シックハウス対策

企業・個人宅でのアレルギー症状を引き起こす原因究明のための調査